競馬予想サイト検証・考察ブログ

地方の星、プレイアンドリアルは皐月賞を断念、青葉賞からダービー路線へ

 

【スポニチANNEXより】プレイアンドリアル皐月賞断念 患部は良化、青葉賞からダービーへ
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/03/13/kiji/K20140313007762510.html

京成杯快勝後、右前けいじん帯炎を発症し、放牧中の川崎所属・プレイアンドリアル(牡=河津)が皐月賞(4月20日、中山)を正式に断念したことが12日、分かった。岡田繁幸オーナーが明らかにした。

京成杯を勝利して、皐月賞に向けて出走条件に関しては安堵といった矢先の故障。
良化に向かっているとの報ですが、繋靱帯炎は最近ではキャプテントゥーレ、シーザリオ等が、これをきっかけに引退しています。軽症であればいいのですが…

今後の事を考察してみると、オーナーの意向を考えると無事に復帰してもダービー路線というのは揺らぎそうにありません。
仮に青葉賞に間に合わず、ダービー直行というケースになっても京成杯の勝利で、ダービーへの出走既定はクリアしているので参戦は可能となっています。
しかし今年の三歳はトーセンスターダムにトゥザワールド。バンドワゴンに加えイスラボニータとかなりレベルが高い世代になりそうな予感。
ダービーはもちろんのこと、皐月賞に無事に出走にこぎつけていても…という印象があるのも正直否めない感もあります。

ここまでのレースと父デュランダルって事を考えると、一番出て欲しいのはNHKマイルだったりするんですけどね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です